読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Float

Nikki of タンザニア キリマンジャロ州 Oshara Secondary School と音楽その他

結末はわかっているけど、わかってはいるけど、Rogue One

 

はじめに、レイアを演じられたキャリー・フィッシャーさんが亡くなられたことにご冥福をお祈りします。エピソード7からまた見れると思ってたのに、本当に残念です・・・。

 

 

(ほぼ)首都ダルエスサラームにて見てきました、Rogue Onef:id:aaayuichbbb:20170107083732j:plain

 

チケットは6000シリング(約2ドル半)。劇場はミニシアターくらいの大きさ。

お客さんは、インド系が多い印象ですね。

 

f:id:aaayuichbbb:20170107082347j:plain

映画館はこんな感じ

 

感想として・・・・スターウォーズってやっぱ最高だぁぁ・・・!!!

 

今回のローグワン、あらすじとしては、エピソード4の直前10分前までを描くスピンオフ。なぜ反乱軍がデス・スターの設計図を持っていたのか、なぜデス・スターにあんな弱点があったのか、などの謎が明らかになっていきます。いや、あんな星すら壊せる兵器がプロトン爆弾一発で吹き飛ぶのはおかしいっしょ?という疑問に答える一作。

(ちなみにデス・スター完成までエピソード2の後からRogue Oneまで(25年くらい?)かかってるのに、デススター2の完成がエピソード4~6の数年ってのおかしくない?デス・スター初代健在のうちから2作ってたの?という疑問には答えてません)

 

 

ネタバレ解説

今回のRogue One、シリーズのどれより圧倒的に戦争感が良い。カノン(正史)にもエピソード6のエンドアでイウォークVS帝国軍(イウォークの最強さ!)とか、エピソード2のジオノーシスでクローン戦争(んーむ)、エピソード3のオーダー66の感じ(キ=アディ=ムンディーの殺害されるマイギートーの戦争感はとてもいい)とか、まあいろいろあるのですが、

 

f:id:aaayuichbbb:20170107082753j:plain

(キ=アディ=ムンディ。頭が餃子みたいなジェダイマスター。)

 

今回のローグワンは、特に「人間の体の脆さ」がフューチャーされていると感じました。

それもそのはず、基本対兵士には無敵感のあるジェダイ・シスたちの物語ではなく、普通の人間たちが主人公の物語だからです。

普段ジェダイたちが跳ね返しまくっちゃうもんだから、イマイチ強そうに見えないブラスターでも、人間相手なら1,2発で即死。人間はこんなにも脆い!!

 

だからこそ映し出される死の恐怖!ストームトルーパーより見た目も中身も恐ろしいデス・トルーパー。

f:id:aaayuichbbb:20170107083414j:plain

なにしても壊れなさそうなAT-ATの超巨大さ。オルデラン破壊からはよくわからんかったデス・スターの本当のパワー(おもっきり核爆発のイメージでしたね)。

そして、言わずもがな。もう、本当にシビレタあの男。恐怖の権化!

f:id:aaayuichbbb:20170107083306j:plain

 

その死の恐怖と命は儚さが、デス・スターの設計図という希望をつないでいく。

ドロイドであるK2-SOを含め、みんなが命をかけて希望を繋いでいく。

 

 

 

あとは、宇宙戦もすっごくよかったですねぇ。

特撮っぽいミニチュア感のスターデストロイヤーとデス・スターとか、バトルシップを物理的に押すだけのハンマーヘッドとか笑

バリアーにXウィングが突っ込んで砕けるシーンとか、本当に儚かったなぁ。

 

あとスターウォーズシリーズメインキャストについにアジア人が!ドニー・イェン!ひょーーーー!ブラスター主体の戦争にアクセントとなる半端ない棒術!

これがかーーーっこいい!ドニー・イェンが戦うたび、映画館中「フー!ワオ!」と観客の声が漏れてました。

 

 

とはいいつつも気に入らなかった点も少々・・・。

・後半はスターウォーズ史上最強に面白いのに、前半がつまらん。中盤はもう寝そうなくらい退屈。

・ベイダーの背格好。ベイダーの肩幅と身長が小さい。

レイア姫のCGの違和感。あれ?ターキン提督の俳優ってまだ生きてたの?と思うくらいの完成度なターキンに比べ、レイア姫のCGが雑!!!エピソード4につながる超大事なシーンなのに、なぜ!!!!

・曲がイマイチ。ローグワンはスピンオフということもあり、ジョン・ウィリアムズを起用せず。スピンオフだからオープニングのテーマを流さないのはアリだとは思うが、全体的に音楽がイマイチな印象。特にラストの惑星破壊のシーン、エモエモな曲が不快。

・エンドクレジット終わるまで席立つな!!(タンザニアの映画館)

・エンドクレジット終わるまで照明つけんな!!(同上)

・エンドクレジット終わるまでスタッフ入ってくんな!!(同上)

 

タンザニアの映画館に対する愚痴が出てきてしまいますね笑

いやー、ローグワン。エピソード7が僕にとっては正直微妙だった(悪役が微妙すぎる)ので、どうかなぁーと思っていたけど、最高でした。ラストだけ見ればスターウォーズ最高傑作であるといっていいと思います。スターウォーズシリーズが毎年見られる幸福を噛み締めながら今年も生きていきたい!

 

最後に、スターウォーズってほんとに良い物ですねぇ。